スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋のこと

プ~ちゃんが虹の橋に旅立ってしまいました。
2012-05-28-01.jpg



せめてもの救いが苦しい時期が長くなかったこと。


今から書くことは受け止め方によっては誤解を招くので

今日はコメントは受けませんが・・・



姫さまの時もそうだったけど

姫さまも本当に苦しい期間は短かったはず。

2012-01-02-01_20120527190749.jpg

私が治るとしか考えてなくて、能天気だったせいもあるけど

当日亡くなるまで死ぬなんて思っていませんでした。



亡くなった時は悲しかったけど、目の前が真っ暗になったけど

今思うのは苦しくなくて良かった・・・


亡くなったのに気付いて獣医さんに電話して

指示受けながら心臓マッサージ・・・胸を拳で何度もたたいてしまった。

蘇生できないかと獣医さんで挿管してもらったりもした。

でもダメだった。

しかも、その時もうあごの骨が折れていた。挿管の時に折れたのかな?

とにかくもう限界だった。

せっかく楽になったのに苦しさに引き戻そうとしてしまった。



2012-05-28-02.jpg
三吉だって

晩年歩きにくくなってたけど

本当に介護が必要だった(必要な時期に突入した)のは

最後の数時間。多分2時間くらい。

前日までよろよろと普通に生きていた。




本当に誤解されそうだけど

無理して頑張らないで虹の橋を渡ってくれて

私はこれでよかったと思う。


できるだけ一緒に居たかったのはもちろんだけど

QOLも大事だから、苦しんで長生きよりもあっという間でよかった。

悲しいけれど

私が先に死んで、姫さまが、三吉が私を待ち続けるより数百万倍マシ。


だから、あんな死に方をした我が家の娘たちは親孝行で

最後に至っても私に幸せを与えてくれた。

寝たきりになっても生きてほしかったけど

それは苦しくない前提。

丸一年は悲しくて仕方なかったけど
あ。三吉はまだ1年経ってないね。きっとあの生き様が素晴らしすぎてすぐに自慢に変わっちゃった。

今は彼女たちの最期は自慢ができる。



これからワンコを看取る飼い主さんも見てるかな?


反感買うかな?


でも、姫さまを見送って今ちびっこ達と暮らす私の率直な感想。


もう、せっかく楽になったのを呼び戻そうなんてしないから

母ちゃんの腕の中で・・・とちびっこ達にお願いする日々。

いまからこんなこと言ってるけど決して愛してないわけではありません。

むしろ愛してる。




プ~ちゃんのご冥福を心からお祈りします。

プ~ちゃん、頑張ったね。ありがとう・・・

スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。